メニュー
看護部紹介看護部紹介

看護部紹介

看護部

看護顧問の挨拶

下関病院看護部は、患者さんに寄り添い、心の声に耳を傾けることで信頼関係を高め、安心して入院生活を送っていただけるよう努めております。また、入院時より退院後の生活を見据え、その人らしく自立した社会参加を支援する看護を目指しています。

今日の精神科医療は急速に変化しています。精神科急性期看護・回復期看護に加え、難治性や治療抵抗性などの重度の精神障害に合併する身体疾患看護等が必要とされています。またストレス関連疾患に対応する為の治療環境やプログラムの実践、企業との連携も視野に入れた復職支援等多様性のあるのが精神科看護です。疾病特性や特徴を理解し対応することが重要視され、このような専門性の高い精神科看護を実践するために、目標管理やクリニカルラダー、専門・認定看護師などの資格認定のための研修等、個々の看護師のキャリア開発についても支援を行っています。

また、近年精神疾患を有する患者の増加により、「入院医療中心から地域生活中心」へと舵がきられました。地域包括システムの潮流にのり、地域移行支援の在り方・質が問われてきます。精神障害の有無や程度にかかわらず、誰もが地域の一員として安心して自分らしい暮らしをすることが出来るよう退院支援では多職種との協働、地域関係機関との連携にも力を入れています。

下関病院で勤務する看護師の一人ひとりが「自分だったら、自分の家族だったらどのような医療や看護を受けたいか、どのように関わって欲しいか」を考えながら精神科看護の基本である「心の対話」を大切にし、元気にやりがいをもって働き続けられる職場づくりをしていきたいと考えています。

基本方針・理念

看護部の基本理念

患者個々の人間性を尊重し、思いやりと笑顔をもって安全で安心できる看護を提供します。
地域社会との連携を図り、患者さんの地域生活中心への支援をします。

基本方針

  • 患者さん個々の立場に立ち、信頼のおける看護を提供します。
  • 他部門と協働し、患者さんを中心とするチーム医療を推進します。
  • 豊かな人間性と専門知識・技術を持ち、的確に判断・実践できる看護師を育成します。
  • 地域に開かれた医療・福祉活動を積極的に行い、地域のニーズに応えます。

教育制度について

教育理念

私たち看護師は、専門職業人として、自ら学習し、個々の看護実践能力を高めていくことが必要であることを当然のことと理解しています。しかし、各人の努力だけで、今日求められている高いレベルの実践力を修得し続けることは困難です。下関病院では個人の努力に任せきりにしないために、看護部には個人のキャリア発達を支援するためのシステムが必要であると考えています。
そこで、病院の理念に基づき、地域住民のニーズに対応した質の高い看護を提供するために、看護職員個々のキャリア発達をサポートすることを目的に、2020度より「看護師クリニカルラダーシステム」を導入しています。

新人教育

新人オリエンテーションでは、地域における下関病院の役割・看護倫理などをわかりやすく説明します。また、インターンシップ制度を導入しています。また、2023年度より新人教育プログラムを導入し、1年かけてリーダー的な役割を担う看護師を育成することを目標としています。

中途教育

新人教育同様の教育システムで、精神科で働くための必要な知識をしっかり教育していきます。

資格取得支援

定時制・通信制の看護師養成所で勉強しながら、勤務することが可能で、奨学金制度も導入しています。

病棟の特性(急性期病棟)

精神科救急病棟とは、最近の精神科医療の役割の一つとして世間からも求められている、治療スタイルです。昨今の社会情勢などが影響し、多くの不安や過剰なストレスを感じ、早急な治療が必要である患者さんがいつでも入れる病棟です。入院後に、予定される退院日を設定し、患者さんに生じている症状や抱えている様々な問題解決を早期に取り組むために必要不可欠なご家族やご友人、更には地域の皆様にも治療への参加、協力を頂きながら、各職種の医療スタッフがその役目を果たしながら丁寧に関わり、安心して入院生活が送れ、退院後に充実した家庭生活につながるように、全力で取り組んでいます。

病棟の特性(回復期病棟)

精神科救急病棟や認知症治療病棟において急性期症状は軽減したものの、薬剤調整や日常生活において、生活指導が必要な患者さんの援助を行う病棟です。また、他病棟から退院したものの様々な理由で再入院になった患者さんの受け入れも行なっています。そのため、他職種で専門性を活かしながら、精神症状の緩和による退院だけが目的とならないように、退院後にはどのように地域で生活を送られるのかを想定して、日々の援助を行っています。

病棟の特性(リハビリ病棟)

男子・女子リハビリ病棟を有しています。長期入院の患者が2分の1を占めている状況となっています。患者の中には、病院での生活が長いことから環境の変化、生活の変化に不安を抱き退院に抵抗を示される患者さんもいます。そのため、他部署を含めたチーム医療で患者を多面的に評価することで、症状の維持・安定、自己管理能力の向上を図り、患者一人一人に合わせた退院先の選定やサービスの提案を行うことで、退院促進に努めております。
現在の精神科医療の動向では、地域包括システム構築へと流れは変わりつつあります。リハビリ病棟でも、障害を持つ人がために「病院でできること」を明確にし、各スタッフが積極的に退院支援にとり組み、地域と連携して障害を持つ人を支えていくことに、努力していきたいと考えます。

病棟の特性(認知症治療病棟)

認知症疾患医療センターと直結しており、地域で生活される認知症患者さんの周辺症状を改善するアプローチをおこなっています。また、食事や入浴、排泄行動などの動作を、生活機能回復訓練を通じて生活機能の維持を図り、地域に戻ってからの生活が円滑にいくよう作業療法士と共同で援助をおこなっています。
退院される患者さんは在宅だけでなく施設へ退院される方も多く、精神保健福祉士を中心に地域包括ケアセンターや施設との連携も密におこなっています。また、入院された患者さんの介護保険の申請や区分変更も入院中におこない、患者さんに適したサービスが受けられるよう準備を整えています。高齢者の患者さんが安心して治療を受けられる環境調整を、日々多職種が協力して目指しています。

採用について

詳細はナース専科に掲載しています。こちらからご覧ください。

診療時間

平日   9:00~12:00
13:30~17:00
土曜日  9:00~12:00

休診日

日曜・祝祭日・年末年始

お問い合わせ

083-258-0338(代表)