入院手続き

  1. 健康保険証ならびにご本人およびご家族の印鑑をご持参ください。当院にて記入していただく必要書類があります。
  2. 記入していただく書類は入院形態により異なりますが、書類記入については入院の際に相談員(精神保健福祉士)が説明いたします。
    ※入院形態につきましてはこちらをご参照ください
  3. 入院の際に入院保証金として2万円をお預かりします。なお入院保証金は退院時に清算いたします。

入院に必要な持ち物

洗面用具

歯ブラシ、歯磨き粉、プラスチック製コップ2つ、タオル4~5枚、バスタオル2~3枚、洗面器、石鹸、ボディソープ、石鹸箱、シャンプー、ナイロンタオル等

洗濯用品

洗剤、洗濯ネット、持ち帰る袋(ご家族が持って帰る場合)

その他

室内用履き物、散歩や院内活動に使える運動用衣服、運動靴(ひもなし)、普段着3~4組、下着上下4組程度

男性

髭剃り、充電器

女性

化粧品、手鏡(卓上の小さいもの)、生理用品

お薬

現在服用中の薬(ある場合)、お薬手帳

※注意事項

  1. 持ち物には名前をフルネームでご記入してください。
  2. ひもやベルトがついた衣類は避けてください。
  3. 貴重品の所持はご遠慮ください。
  4. 刃物、針、爪切り、ライターなど危険物となりうるものは持ち込みできませんのでご協力ください。
  5. スリッパ、クロックス等かかとのない履き物はご遠慮ください。
  6. 簡単な日用品は売店にありますのでご利用ください。
  7. オムツは当院指定のものを使用させていただいております。原則として、オムツのお持込はお断りしております。

食事・寝具

  1. 食事・寝具は病院で用意いたします。
  2. 病衣使用料は、日用品費とともに月末に清算いたします。

売店・理髪・入浴

  1. 入院に必要な日用品などは売店で購入できます。
  2. 専用の理美容室を設置しておりますのでご利用ください。病棟により利用日が異なりますので、詳しいことは病棟職員にお尋ねください。
  3. 入浴については週3回を基準として、病棟毎に曜日と時間を定めています。

喫煙について

  1. 病院敷地内は、全面禁煙です。ご協力をお願いします。
  2. タバコの持ち込みはご遠慮ください。(電子タバコの利用もできません)

通信について

  1. 携帯電話、スマートフォンの持ち込みは可能ですが、通話利用はできません。
  2. 詳しいことは病棟職員にお尋ねください。

面会

  1. 面会時間は次のとおりとなっていますが、治療上の都合によっては変更させていただくことがあります。
    面会時間
    ・平  日 13:00~17:00
    ・土日祝日 10:00~17:00
  2. ご家族に限り、上記の時間外のご面会を希望される方は、事前に病院に連絡をいただき、確認のうえ対応させていただきます。
  3. 食事や作業療法の活動や入浴の際は、お待ちいただくことがあります。
  4. 患者さんの病状によってはご遠慮いただく場合があります。
  5. ご友人の面会については、患者様のご家族の了承を得て面会していただくこともありますのでご了承ください。
  6. 面会される方は面会申込書に記入のうえ、事務受付に申し出てください。

保険外負担に係る費用

  1. 入院期間中に院内の売店等で購入される日用品の代金や保険対象外の費用(紙おむつ、診断書料等)については、実費でのご負担をお願いしています。「医療外代行業務についての約定書」に基づき、入院中の金銭や通帳も併せて管理させていただきます。
    【別途有料となります】
  2. これらの保険外負担金は1ヶ月に使われた金額を、入院費と同じ方法にて翌月に請求いたしますので同様にお支払いください。

入院費支払方法

  1. 入院費は毎月末締めで翌月12日以降に請求書を発行いたします。
  2. 請求書は郵送もしくは事務窓口でお渡しいたします。
  3. お支払いは山口銀行の口座自動引き落としがご利用できます。また、事務所窓口で現金によるお支払いもお受けできます。口座自動引き落としをご利用の場合は、手数料55円(消費税含む)を別途ご負担いただきます。
    *請求書発行月の25日までに必ずお支払い下さい。
  4. 退院時につきましては、退院当日に事務窓口で現金にて入院費をお支払いいただきます。
    事務窓口受付時間:平日・土曜日 8:30~17:00

急性期病棟に入院される方へ

当院の「急性期病棟」は、主として急性期の集中的な治療を行うものとして届出をしており、その定められた入院料に従って算定を行っています。
よって、入院料が一定期間(3ヶ月間)は、一般の入院料に比べて高くなりますが、高額療養制度により「限度額適用認定証」をご提示いただければ、患者さんの窓口負担は限度額までとなりますので、お早めに手続きをお願いします。
詳しいことは当院の相談員(精神保健福祉士)にご相談ください。

ご家族へのお願い

  1. 適宜の面会等により、入院された方を支えていただきますようお願いいたします。
  2. 家族療法への参加にご協力ください。
  3. 相談支援窓口を設置しています。病状に関することは、遠慮なく主治医にお尋ねください。また、病棟担当の相談員(精神保健福祉士)を配置しています。入院生活等につきましてお困りのことがありましたらお気軽に病棟スタッフまでお申し出ください。
  4. 面会の際には飲食物(特に生もの)の持参はご遠慮ください。また、刃物類、針、爪切り、マッチやライターなどは厳禁となっていますのでご協力をお願いいたします。
  5. 院内の状況確認と夜間などの防犯体制確保のため、正面玄関に防犯カメラを設置しております。患者さんの安心・安全のための設備ですので、ご理解をお願いいたします。
  6. ドナー登録をされている患者さんは、医師・病棟師長・相談員(精神保健福祉士)にお申し出ください。