癒しの芸術(HealingArt)を実践する萩病院

萩病院は、山口県萩市の旧毛利藩の堀内という閑静な城下町の中にあり、近くには萩城跡、武家屋敷、博物館、日本海を望む菊ヶ浜等々があり、北浦の豊かな自然の恵みとあたたかな心によって、安心して治療に専念できる精神科医療・福祉活動を提供するため平成15年11月から当法人が継承し開設しています。

私の医師としての基本方針は、『思いやりに満ちた心で』をモットーに『人の心を癒す医療』を実践すべき、人間性豊かな医療人として職員一同、より高度で細かな医療を目指していく所存です。

萩病院の診療目標は、急性期医療への取り組み、処遇困難障害者の方への対応を掲げています。

さらに基本姿勢といたしまして、断らない医療を行うと共に連携(報告・連絡・相談)を中心にしたチーム医療を行い、障害者の方との関わりを大事に、またご家族との連携を密にし、感性と実行力のある地域医療の実践を目的にしています。

精神科医療の機能区分や治療の流れを明確にすると共に、病棟での役割、リハビリの役割等の目標を定めることにより現在何処まで治療が進んでいるかを患者さんも医療スタッフも知ることが出来ます。

これを実践し、情報を共有することにより、患者さんや家族の皆様が安心して気軽に受診され、我々医療スタッフと一丸となって、新しい精神科医療を目指し、心の健康と社会福祉に貢献していきたいと思っています。

又、医療制度改革が進む中、その対応策として人的配置の充実や医療システムの構築等を行う必要があり、萩病院は現在職員一同がこれらの課題に取り組みながら山口県北部の精神科医療を担っています。

院長 小野 信周