“認知症=何もわからない”ではありません。ここ数年、認知症の本人のみなさんが書かれた本がたくさん出版され、多くのメッセージが発信されています。そこには、認知症の本人のみなさんの気持ち、その後の人生のあり様、そして何が生活に役立ってきたかなどが記されています。専門職では伝えることができない多くのことに触れることができます。

また、専門職や支援者にとっても教科書では学ぶことのできない、まさに実際の仕事に役立つ内容が満載です。誰もが当事者です。「本人」の気持ちは、他ならぬあなたの将来の気持ちかもしれません。ぜひ一度手にとってみてください。

推奨書籍リスト(日本認知症本人ワーキンググループホームページより)